ブログ - Windows10のアップデートでWindows メールが使えなくなった

Windows10のアップデートでWindows メールが使えなくなった

カテゴリ : 
MUTTER
執筆 : 
PC_rescue 2016/9/1 20:00

 

Windows10 アップデート毎にWinMailが起動しなくなる

● Windows10 Pro 64-bit Anniversary
   バージョン 1607 OSビルド 14393.105

● Windows10 Pro 64-bit
   バージョン 1511 OSビルド 10586


どちらのバージョンもWinMailソフトは同じなのでアップデート毎にWinMailが起動しなくなる
原因は C:\Program Files\Windows Mail にある msoe.dll と MSOERES.dll が書き換えられるからです


Windows10 Pro 64-bit版, 32-bit版 パッケージ

 Windowsメール 64-bit版 パッケージ : Windows Mail
(C:\Program Files\Windows Mail に msoe.dll と MSOERES.dll を上書きすれば動く様になります。)

 Windowsメール 32-bit版 パッケージ : Windows Mail(x86)
(C:\Program Files (x86)\Windows Mail に msoe.dll と MSOERES.dll を上書きすれば動く様になります。)


Windows メールのデータを格納されている場所

以前よりWindows メールを使っていた場合
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Mail
フォルダー内にメールデーターは残っています
心配な場合はバックアップ(コピー)しておきましょう。

--- アップデートでWinMailが起動しなくなった場合の対処は、ここまで ---


アクセス権の設定と表示する方法は
Windows10 でも従来の Windows メールを使えるようにするを参照してください


古いソフトなのでmsidcrl30.dllを使っています。無くなった場合は
msidcrl30.zip

msidcrl30.zipを解凍したらC:\Windows\System32にコピーしてくださいね


Windowsメールの64-bit版,32-bit版 パッケージ

 Windowsメール 64-bit版 パッケージ : Windows Mail

 Windowsメール 32-bit版 パッケージ : Windows Mail(x86)

をダウンロードしたファイルの配置場所
 64-bit版 パッケージは C:\Program Files\Windows Mail に配置してください
 32-bit版 パッケージは C:\Program Files (x86)\Windows Mail に配置してください
(配置する前に C:\Program Files\Windows Mail は名前の変更で Windows Mail - org などにしておくと良いです)
 
↓のwinmail10.zipをダウンロードして解凍します。
 解凍先はわかりやすい場所(デスクトップなど)がいいと思います。
 
「winmail10」フォルダ内の「Add_Take_Ownership.reg」ファイルをダブルクリックして実行し、Take Ownershipを実行します。
これはシステムファイルの変更をするものですので警告メッセージがでます。
フォルダ内の全てのファイルをダブルクリックして実行。警告メッセージがでます。

今回から英語版なのでコピーやペースト、メールアカウントの追加などが英語表示になります。

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2339)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://pc.rescue.co.jp/modules/blog/tb.php?102