ブログ - Windows10 バージョン1909でも「サウンド」がこける

Windows10 バージョン1909でも「サウンド」がこける

カテゴリ : 
MUTTER
執筆 : 
PC_rescue 2020/1/18 2:44

バージョン1909 OSビルド18363.535でもバージョン1903同様のバグに悩まされています^^;

以前、「クリエイティブのサウンドドライバーがこける」で、インテルチップセットドライバーをアンインストールすると現象は治まったかのようでしたが、長時間PCを起動しているうちに
またフリーズですよ^^;
正確にはOSやアプリケーションのフリーズではなく、サウンドドライバーのフリーズなので、NVIDIAなどのグラフィックボードを装備していれば
VX279など(NVIDIA High Definition Audio)に切り替えると正常に戻りますよね^^;

クリエイティブやリアルテック同様トラブル報告があるものの、サウンドドライバーに関しては…
最新のドライバーを入れろ、だの。海外有志の個人作成ドライバーなど
ググれば多くの回答が得られるものの効果はありませんでした。

古いサウンドドライバーでも対応していれば何の問題もないのですが…

現象は、こんな感じです。
●起動時には音が出るが、気が付くと出なくなりボリュームコントローラーがフリーズしている
●ゲーム中に音が出なくなってフリーズしている
●YouTubeなどで早送りや中途再生などしていると音が無くなる


色々と試した結果、結論!
アップデート前に正常にサウンド動作していた時のドライバーに戻す。
アップデート直後であれば、デバイスマネージャーからサウンド、ビデオ、およびゲームコントローラーの各当デバイスを選び、
"ドライバーを元に戻す(R)"が選択できますが、表示されない場合は自力インストールしかないのでバックアップから戻します。

Windows7の時代のドライバーや署名が必要にない時代のドライバーはインストールできないので、バックアップがあればの話ですが…

C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepositoryの中にドライバーが格納されています^^
その中に、hdaudio.inf_amd64_70f0a91d91ec72f6 フォルダがあります。

hdaudio.inf
hdaudio.PNF
HdAudio.sys

の3つのファイルがあります。

正常にサウンド動作していた時のバックアップまたはWindows.oldの中から同じファイルを見つけてインストール

インストールはコピペで上書きではなく、hdaudio.infを右クリックすると"インストール"が出てきます。


ドライバー復元後メーカーのドライバー名でなくHigh Definition Audioと表示されている場合
そもそも、このファイルはMicrosoft Corporationの標準デバイスドライバー用で、各メーカーのMicrosoft用インストールドライバーなので
High Definition Audioとなります。

ここまでして、正常に戻らない場合は、次のアップデートを待つか、新しいマザーボードにしろよって事なので、トホホです^^;

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (144)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://pc.rescue.co.jp/modules/blog/tb.php?107