ブログ - 4K画面設定で小さくて見えないアプリのメニューを大きくする方法

4K画面設定で小さくて見えないアプリのメニューを大きくする方法

カテゴリ : 
MUTTER
執筆 : 
PC_rescue 2023/4/5 16:31


ディスプレイの解像度(3840✕2160)にした時に、古いアプリケーションではメニューが小さく見えにくい事があります。
そんな時の、個別アプリ設定です。

解像度の設定は 3840✕2160 (4K)
windows11のディスプレイ設定のテキスト、アプリ、その他の項目のサイズを 200% に設定


4K設定で非対応のアプリのメニューが小さい時に行う 高DPI設定


1.スタートボタンを押してスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」を選択します。




2.アプリ一覧の中から調整するアプリを右クリックして、メニューの中から「ファイルの場所を開く」を選択します。




3.ショートカットの場合は、更に右クリックしてメニューの中から「プロパティ」を選択します。




4.アプリ本体の exe ファイルを右クリックして、メニューの中から「プロパティ」を選択します。




5.プロパティが開いたら「互換性」タブを開きます。

     「高 DPI 設定の変更」ボタンを押します。

     「高い DPI スケールの動作を上書きします」のチェックボックスをオン☑にして、拡大縮小の実行元はシステムにします。




6.OK ボタンを押して画面を閉じてください。

     アプリを再起動すると、適正なシステム倍率で表示され、アプリやメニューが見やすくなるはずです。


⋆ 古いバージョンのアプリや、個人開発アプリなどに有効かと思います。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1008)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://pc.rescue.co.jp/modules/blog/tb.php?117